こだわり!キッチンの壁のデザイン

キッチンの表情を変える!壁デザイン

キッチンの壁は表面がフラットなキッチンパネルが使われていることが多いのですが、これは、さっと一ふきで汚れが落とせるという理由からでもあります。一方で、フラットな壁は平板な印象を与えてしまうものでもあります。キッチンは衛生的で安全に作業をする所であると同時に、楽しいアイディアを駆使して料理を創り上げる空間でもあるので、壁のデザインに変化を持たせて、キッチン全体の雰囲気を変えていくのもよいでしょう。そうすると、キッチンの空間そのものが料理を作る人の気分を盛り上げてくれて、より楽しい調理の時間が実現します。
現在では、さまざまなタイルシートがあるので、どのような雰囲気のキッチンにするかということを決めてから、自分自身で作業するのもおすすめです。

どんなタイルを貼るとどのような雰囲気になるか

基本的な白のタイルを貼ることで、清潔感あふれる感じが増します。冷蔵庫などの色を統一してモノトーンな感じに仕上げるのも一つの選択です。野菜や果物、肉・魚などの材料の色が鮮明になりますので、食材や料理の色合いを壁が引き立てるという効果があります。白と一口に言ってもアイボリーホワイトだと独特の温かみも出ますし、白の中に透かし模様が入っているとアクセントが効いて、キッチンの雰囲気が変わってきます。
また、一面にタイルシートを貼るのではなく、一部分だけに幾何学模様に張ったり、アシンメトリーに張ったりするのもキッチンに動きが出て雰囲気がよくなります。四角のタイルだけではなく、いろいろな形をベースにしたものがあるので、組み合わせてオリジナルデザインにするのもよいでしょう。

狭小住宅は狭い敷地内に居住空間を充実させる造りになっている住宅を指し、構造上、階数が多く階段の傾斜が急になっている特徴があります。そのため、大型の家具の搬入が難しいので入居の際は注意が必要です。

© Copyright Interior Design Ideas.All Rights Reserved.