知りたい!キッチンの照明について

キッチンの全体照明は作業性を重視して選ぼう

いろいろなキッチンの形がありますが、どの形でも、キッチンで作業がしやすい照明にするべきだということです。キッチンで料理を作る時に大切なのは、影ができないことであり、食べ物の色がそのままの色であることです。蛍光灯やLEDによる全体照明が望ましく、天井に備え付けられた明かりの周りにはカバーをつけることも忘れてはならないことです。調理をすることで油汚れなども多く上がりますから、カバーでガードします。そうすれば掃除も楽ですし、何よりも安全です。
調理をするときにはさまざまな危険が潜んでいます。包丁やスライサーで、食材をカットする作業もありますし、煮炊きで火を使うこともしばしばです。だからこそ、一定の明るさが全体照明によって保たれていることが必要なのです。

いろいろな部分照明で手元を明るく保とう

全体照明で影のない空間を作り出したら、次に考えたいのは作業の手元を照らす部分照明についてです。
部分照明にはいろいろなものがあります。戸棚が壁についているケースでは、棚の下から照らす棚下灯などをつけるとよいでしょう。ただし、設置する時には、作業の邪魔にならないかを確かめる必要があります。何かにぶつかったりする位置にないかを確かめましょう。棚の下に限らず、手元をスポット式の明かりで照らす時には、開閉する戸棚などにぶつからないかも確かめて位置を決めるのが望ましいです。出っ張っている面ができるだけ小さくなるように、可能ならば壁などに埋め込める型の部分照明がベストです。
おしゃれなキッチンが増えていますが、キッチンは作業場だという点を忘れずに、安全を保てる照明を考えていくのが最も大切です。

建築デザインとは、建物のデザインをする仕事です。機能性のみならず、造形美の追及によるデザイン性も大切な要素となります。

© Copyright Interior Design Ideas.All Rights Reserved.